未分類

クイーンズスリムhmb | サプリに含まれているロイシンってどんな成分?

更新日:

 

ずばりロイシンとは、アミノ酸の一種のこと。

筋肉トレーニングをしている人はご存知でしょうが、普段生活している中ではあまり聞かないワードですよね。

 

これから筋トレを始める人は、効率よく体を鍛えるために覚えておくと良いでしょう。

 

私たちのカラダは、筋肉や臓器はもちろん、肌・髪・爪・もタンパク質で構成されています。

一部特殊なものを除くと、タンパク質は20種類のアミノ酸が結合してできたものなんです。

 

アミノ酸の中でも、ロイシン、イソロイシン、バリンの3種は分枝鎖アミノ酸(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。

最近よく聞くのが「BCAA」という言葉。

これは先程述べた、分枝鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)のことを指しています。

 

この3種のアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれていて、人にとって必要なアミノ酸の40%を占めているんです。

必須アミノ酸は体内でつくることができないためサプリや食べ物から摂取する必要があります。

筋肉サプリでよく「BCAA」という言葉を聞くのは、このためですね。

 

このBCAAは筋肉をつくったり、修復する効果があります。

BCAAの3種類の中でも、最も筋肉づくりに必要だとされるのが「ロイシン」なのです。

 

ロイシンの効果を簡単に説明すると

・筋肉をつくる司令を出す

・筋肉の分解を防ぐ

・体重や体脂肪を減らす効果

・ストレスを緩和

・育毛、美肌効果

・疲労回復

・血糖値を改善(糖尿病の予防)

 

といったところです。

大きく「筋肉づくり」に貢献する成分であることがわかりますね。

 

「ロイシンの効果」部分で補足すると、ダイエットをする上で「筋肉の分解を防ぐ」ことは非常に重要です。

筋肉が分解されるというのは筋肉量が減少すること。筋肉が減少することで、基礎代謝量が低下してしまうとダイエット効果が出にくくなります。

そのため、ロイシンを摂取して「筋肉を維持」する必要があるんです。

 

ロイシンを含む食材は

・牛肉や豚肉の赤身、鶏胸肉、豚足、レバー

・あじ、鮭、マグロ、カツオ

・卵、ヨーグルトなどの乳製品

・納豆、高野豆腐などの大豆製品

 

などです。

 

ロイシンは筋トレの前後に飲むと非常に効果があると言われています。

そのため、サプリなどで摂取するのが一番手軽かつ効率的でしょう。

 

「筋肉サプリ」といえばBCAAの他にもプロテインやHMBなどの言葉が交錯しているかもしれません。これにはすべて別の働きがあります。

正しい知識を頭にいれて、効率良い筋肉づくり・ダイエットをしてくださいね。

 

-未分類

Copyright© クイーンズスリムHMBの口コミと評判 | ゆんころ発信のHMBサプリ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.